指定した生産農家が仕上期に、房総ポーク専用配合飼料で育てました。

ご挨拶

千葉県産銘柄豚『房総ポーク』をよろしくお願いいたします。

会長の写真
 私たち房総ポーク販売促進協議会では、安全・安心な千葉県産銘柄豚『房総ポーク』の生産・販売に取り組んでいます。

 銘柄として13年目を迎える『房総ポーク』ですが、近年では銘柄豚肉が群雄割拠する中、いちばんに消費者の皆様から選んで頂ける豚肉として、更なる取組みにも挑戦しています。

 ①安心・安全への取り組み
   (生産履歴等の情報を公開する「トレーサビリティ」)
 ②おいしさへの取り組み
   (給与する専用飼料へのこだわり)
 ③肉質向上への取り組み
   (千葉県の開発した優良素豚を活用した肉豚生産)

 以上の3点をはじめとし、生産者・JA・関係団体と一体となり、更に販売先とも連携させて頂き取り組んでいきます。

 『房総ポーク』は、その特徴を十分に発揮し、食べて頂いた方に“おいしい!”と喜んで頂けるよう、日々努力していきます。

 TPPにより外国の大規模な農場で育てられた安い豚肉がたくさん輸入されることが予想されています。そのようななか、『房総ポーク』を生産する私たち中小規模の養豚農家が団結し、愛情を注ぎこだわりを持って育てる『房総ポーク』をどうぞ応援してください。



平成28年8月
房総ポーク販売促進協議会
 会長  塩 澤  英 一

ページのトップへ戻る